【投資先News】企業が奨学金返済を肩代わり日本初の求人プラットフォーム「CronoJob(クロノジョブ)」オープン


投資支援先の株式会社Crono(クロノ)は、日本初の、企業が奨学金返済を肩代わりしてくれる求人を紹介するプラットフォーム「Crono Job(クロノジョブ)」をオープンしました。

サービスサイト: https://job.crono.network/



Crono Jobに掲載されている企業に入社が決まると、求職者は、自身が借り入れ中の奨学金の返済資金を企業に支援してもらえます。登録対象者は、貸与型奨学金・民間教育ローン利用中の方で、学生・就活生(新卒)・社会人(中途)問わずご利用いただけます。奨学金返済は、求人により異なりますが、入社時に一定額の一時金(クロノが負担)を充当させたのち、勤続年数や評価に応じて段階的に行われる予定です。


大学生の奨学金による貧困も大きな社会問題となっています。現在大学生の半数以上が、貸与型奨学金を受給しています。奨学金返還者は約410万人。奨学金の返済苦による自己破産者は、過去5年間で1万5,000人に達しています。留学などのスキルアップを諦めるなど、奨学金の返済負担は学生のキャリアの選択を狭めているのです。


世界的に見ても、日本は、教育支出における家庭の負担割合が高く、5割を超えています。(経済協力開発機構/OECD 平均23%)重い教育費負担により、家庭の事情で進学を諦めるなどの不平等も起こっています。


企業は採用費用を求人広告や高騰する紹介料だけではなく、奨学金返済に充当することで、長期勤続かつ、高パフォーマンスが期待できる人材を採用することができます。企業にとってCSR活動と採用活動を両立できる取り組みとなります。また、求職者は自分に合ったキャリアを選択しながら、奨学金返済の負担を軽減することができます。

 すでに、本サービスに共感いただけた企業10社以上の参画が決まっています。また本年度中に、参画企業100社、登録者求職者1,000人を目指しています。



© 2020 ゼロトゥワン. All Rights Reserved.